上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お久しぶりです、オゾダです。

プレゼンやレポートに終われ、ブログ更新が滞っておりました。

それでも1日数名の方が覗きに来てくださっていて、

いったいどういう経緯で迷いこまれた方なのか…と思っていましたが、

実は更新を待っていてくれている人がいるということを知り、

感謝の気持ちが芽生えるとともに、テーマだけは常に考えて

頭の中で

更新しておりました


さて、レポートが片付きましたので、6月上旬に学部の実習の付き添いで行った

ハンセン氏病療養所について(資料は作ったがプレゼンできなかったスライドで)

ご紹介させていただきます。

ハンセン1

ハンセン2

ハンセン3

ハンセン4

ハンセン5

6.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg


ハンセン氏病については過去の病気だと勝手に思っていましたが、

菌こそはもっていないものの、後遺症で苦しむ方がまだ残っていたこと、

海外ではまだまだ発症することが多い感染症であることを知り驚きました。


日本の療養所は、かつては隔離所としての機能を持っていましたが、

今は療養者が高齢化し(新規の感染症発症がないため)、法律が変わっても

戻る場所もないという方が多く、障害とともに穏やかに生活をする方を

医療・福祉の両面で支える施設でありました。


隔離政策が終わったのは、平成8年と、本当に最近のこと。

日本が、差別を法律で認めて強制していたという事実を改めて認識し、

このような機会がなければ、療養所の現状すら知らなかったなと…


9月にはタイでセンターを立ち上げ、セルフケアの指導をウン十年している

日本の看護師さんの仕事を見る実習があり、その事前学習のひとつでした。

タイ実習の渡航費がないので私は行きませんが、学部4年生の学生が3人、

統合実習国際看護学領域で学びを深めています。

報告会がとても楽しみです

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://asekakaba.blog.fc2.com/tb.php/30-f4f5b4d7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。