FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.07.18 He goes to theater
ウズの時もそうだったけど、ボランティアとして異国で働くにあたり

【痒いところに手が届く存在】になることを心がけています。

なんせ、最前線でバリバリやりたくても言葉が自由にならないし、勝手も分からない。

でも、ほかのスタッフが気づいていないことを見つけることは

今までの経験で十分可能なのです。

といっても、ウズもガーナも、準備をしっかりして処置をするとか、先を見越して準備する

とか、そういう視点が少ないので、私の気づける部分も必然的に多くなります。

処置の流れを一度見れば、だいたい必要なものも分かるし。

そうやって、先回り先回りして手伝っていると、

お、なんだかこの日本人がいると処置が楽だぞ・・・と思ってもらえると。


なので、言葉が通じなくても、私の技術や知識はおのずとわかってもらえるのです。

まだ1週間しか経ってませんが、学生・看護師・医師・患者・家族に

ファンがたくさんいてます。

毎日私が顔を出すのを楽しみに待っていてくれ、それが今の自分の励みです。


毎日処置を手伝って、清潔ケアをさせていただいている一人の患者さんがいます。

家族にも信用してもらっているので、非常に介入しやすい患者さんですが、

下半身麻痺で、両大腿部・両踵部・臀部に大きな褥瘡があり、とても処置が大変です。

特に臀部の褥瘡は深くて、なぜか直腸とつながってしまっているという・・・


そんな患者さんの元に昨日訪室すると、家族が笑顔で私に話しかけてくれました。

『彼は今日シアターに行くの』と。

おお、それはいいことですね!と答えては見たものの・・・シアター??

家族も喜んでいるし、準備をすると言っているし、映画館か劇場にでも行くのだろうか。

もう治療の限界で、少しでも気晴らしにそういう機会を与えられたのだろうか…

と頭の中でいろんなことを考えました。

その患者さんの処置は後ほどということで、看護師に呼ばれたので、ほかの病室に行きました。


私を手伝って、というその看護師についてって女性病棟までストレッチャーを運び、

ある患者さんを移乗させました。

その患者さんはおもむろに服を脱いで裸になり、移乗しました。

シャワーにでも行くのかな…と思って、看護師に『どこに行くの??』と聞くと

『シアターよ』と\(◎o◎)/!


映画館に行くのに裸にはならんわな。



じゃあ病院内の施設でシアターってなんね…と思いながら連れて行くと、

手術室


でした。

いやはやお恥ずかしい。

イギリス英語で、手術室のことをオペレーティングシアターともいうそうです。

今日は手術日なのか知りませんが、何人かオペ室に行く患者がいました。

いやぁ、早めに気づくことができてよかったです(-"-)


最初の患者さんの元に戻り、改めて術前という視点で観察しました。

いつもより点滴の数が多いなと思って布団をめくると、点滴ではなくてチューブで

臀部の大きな褥瘡を洗浄し、そのまま放置されていて汚染されていました。

食事制限があるので、空腹感からか患者さんの活気がありませんでした。

そうかそうか、術前だったのか…

ともかく、手術は夕方からということで、通常の創処置は実施されたので

それを手伝い、看護学生を捕まえて、患者さんの体をきれいにさせてもらいました。

そして看護学生の新たなファンができました。

みんな目を輝かせて聞いてきます。あんたの国の看護師はみんなそうなのかと。

何がかわからんけど、何かに魅力を感じるんだろうから、

私は中国人でも韓国人でもなく日本人ですよ、ってことは強調しておいて、

日本に行って勉強したいという子には、ぜひぜひおいでよと声をかけておきました。



とにかく語学でコミュニケーションがとれないので、私が変な英語をしゃべるたびに

学生にはくすくす笑われたりしてるんですけど。

でも、技術を見せる機会があるっていうのはとてもいいことです。

触るなとか手をだすなとか言われないので。


あと、ストレッチャー運ぶ時に足からだったのは安心しました。

ウズではかたくなに頭から運ぼうとするので、よく喧嘩してました。

こんな狭いとこでターンするなとか、後ろ手にアンビューもむのはおかしい!とか。

患者さんの頭が後ろだと、後ろに立って運んでるスタッフが顔色を観察できるので
とても安心です。
寝てるほうにとっても、頭からと足からだったら、足からのほうが不安感が少ないはずです。
寝てみればわかる。


というわけで、イギリスの看護が伝わっているガーナの看護には共感が持てるし

私にとってもやりやすいし、ウズでの経験から、その場にあるものでなんとかできるようになったので

多少、自信を持って介入することができます。


ほんで、イギリス英語も勉強できるし。

シアターね。もう頭に固く刻まれましたよ。


今日、訪室すると、昨日手術だった患者さんは2人とも経過良好でした。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://asekakaba.blog.fc2.com/tb.php/13-beeb1f0f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。