上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今在籍している大学の学部の授業で国際看護学というのがあります。

私の所属している領域の教授が担当しており、

この授業の中で、ボランティア経験談を講義する機会をいただきました。

これまで大学1年生(80名)に90分、

専門学校1年生(100名)に2時間45分の講義経験があります。

それらの反省を生かして準備をしました。


まずは、ウズベキスタンについてをクイズを交えながら。

食事や生活環境、特徴的な文化や風習を紹介し、日本と異なる背景の国での

特徴的な健康問題について一緒に考えました。

ほとんど知られていない国のことなので、結構興味を持って聞いてくれます。

ここまで30分ちょうどでできました。


後半は活動について。

配属先の病院の施設やウズベキスタンの医療を取り巻く環境、医療職の背景など。

看護師の業務の実際。看護ケアはほとんどしないよーっていうのに驚いてました。

あと、いい看護師さんコンテストとか(笑)

これには食いつきがいいですね。

2・3人堂々と寝ている学生もいましたが、その他は興味津々だったと思います。

思ったより反応がよくて嬉しかったです


日本の教育がいかに恵まれていると実感させられたか、

看護技術も進歩しているのだということ、

言葉が通じなくても、気持ちがどれだけ大事か…

などなど、自分が感じたことを率直に伝えました。

苦労話だけでも、できたことだけでも真意は伝わらないと思ったので、

これから実習を経験し、卒業して臨床に初めて出る4年生に伝えたい事はなんだろうと

自問自答しながら構成しました。

いつもは時間がなくてみせれなかったビデオも2つ見せることができました。

1つは、活動の転機となった、実技演習を取り入れた講義。

1つは、入職時から大事に育てた新人看護師がバイタルを一人で測定するところ。

ウズの看護師の技術レベルや、病院環境の雰囲気が伝わり、

言葉が通じない中で指導していくことの難しさ、言葉以外の面での伝え方、

そしてウズベキスタンの看護師の反応・・・

すべてがリアルに感じられたようで、やっぱり写真よりビデオだなぁと思いました。


もう緊張もあまりしないけど、エネルギーは使います。

それでも、楽しかったーと思える授業でした

これをきっかけに、学部生ともっと仲良くなりたいなぁと思います。



必要だなと思った事
①写真の整理と選別
②自分が伝えたい核は何かを明確にしておくこと
③できればビデオ(編集して見やすいように)
④パワポのデザインやアニメーションの工夫

時間のあるときにやっとかないと、時間がたてばたつほど忘れる・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。