上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.08.15 My activity
ガーナ出国は8月8日の予定で、前日まで職場には行きました。

最後の日は、寄付のために持ってきていた医療用手袋と聴診器を渡しました。

このNGOで来るボランティアは、強制ではないけど寄付物品を持参するので、

このへんの受け渡しも慣れた感(当然感)がありました。


最終日に少しうれしかったことは、今までまともに話をしてくれなかった看護師が

『あなたはすごく一生懸命働く。だからありがとう』と言ってくれたことです。

実は、この看護師に一度、『英語が通じないから私の手伝いはしてくれなくていい』

と言われたことがあったんです。

私、ヒアリングはいけるほうなんですが、ガーナなまりの英語が全く聞き取れないんです。

まあ1か月の付き合いだし、あぁそう?って感じで彼女の意志は尊重しましたが、

少し残念ではありました。

地道にケアをし続けたことが認めてもらえたので、素直にうれしかったですね。



それから外科病棟に、熱傷や腸閉塞などの手術後で入院してい患児が3人いたんですが、

母親も医療者も放置気味なので、号泣しているところをかまってあげたり

ケア時の疼痛や苦痛に配慮してあげていると、すっかりなついてくれました。

言葉が通じないのもあり、彼女たちはほとんどしゃべりませんが、

母親がいても、スーッと寄ってきて、そっと手を握ってくれます。

この看護師さんにやってもらいたい、っていう意思表示をしてくれます。
IMG_1567.jpg

これも嬉しかったです。

最初は、この外国人は誰!?みたいな感じで警戒していたのにね。

私が患児の相手をすると、兄弟の多いお母さんの負担も軽減できるので、

母親からも喜んでもらえました。


それから、ほぼ1か月間ずっと毎日ケアをさせていただいた、寝たきりの患者さん。

私の活動終了1日前に、自宅療養のため退院となったのですが、

ご家族とともに、メッセージボードをくださいました。
IMG_1578.jpg

なんせ1か月という短期なので、こんなものがもらえるとは思っていませんでした。

息子さんと奥さんが、毎日毎日楽しみに待っていてくれて、

ケアを手伝ってくれたので、家でも続けてくれるといいなと思います。
IMG_1572.jpg



1か月、早かったです。

2週間目くらいは、やっぱり中だるみしたけど、これくらいがちょうどいいですね。



ウズベキスタンとの比較もできたし、わりと過ごしやすい気候だったし、

ガーナでの1か月もいい経験になりました。



すでに帰国していますが、思い出せる限り、書いてアップします。
(8月15日記)


























スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。